前へ
次へ

炎の調理法を理解しておこう

食材を調理するにはいろんな調理法があります。その調理法では煮る、蒸す、焼く、揚げるが代表的な方法となります。いずれにしても火を使うことに変わりはありませんが、それぞれの特徴を理解することが大事になります。夏場の時期では食材が腐りやすいという問題に直面してしまいます。なので火を使って調理をしても、時間が経過するにつれて食中毒の心配をしなければなりません。その食中毒の問題に関して、できるだけ避けたいならば食材を可能な限りの高温でやっつけることが求められます。食中毒を避けやすい調理法は4つの中では揚げるが代表的な調理になります。その次が蒸すになります。というのは揚げるというのはたくさんの油を使用して170度以上の高温で調理をするので、菌が死滅しやすくなるからです。蒸すでは水を使用しますが、水蒸気なので100度以上になります。しかし逆に煮るでは水を沸騰させてもせいぜい100度前後にしかならないので、雑菌が揚げるや蒸すに比べて繁殖しやすい環境となってしまいます。もっともどんな調理のやり方にしても、調理後は素早く食べてしまうか、あるいは冷蔵庫や冷凍庫に保管して、食べる際に再加熱をするかなどが20度以上の気温では食中毒を避ける意味では推奨されます。食材の調理では短時間で済ませられるのと、ある程度の時間をかけないと完成しないのとがあります。このうちある程度の時間と忍耐と知恵が必要なのが煮るになります。煮るではどんなに強火にしても、特に芋とかなどの根菜類は1分や3分そこらでは無理で、大きさなどにもよりますが、15分以上は煮るが要求されます。なので忙しいイラついたときなどには向かず、暇な気が長いときに調理が推奨されます。この煮るはただ水で煮ただけでは味がつかないので、醤油や砂糖や塩などの調味料を足すことで味をつけますが、この調味料の足す順番も間違えないように気を付けないとなりません。煮るでは「さしすせそ」がいろんな料理番組などでよく言われていますが、砂糖、塩、酢、醤油、味噌の順番に入れろとということになります。この順番を間違えるとたとえ食材と調味料の量が全く同じでも味が全然異なってしまうことになります。これは実際に敢えて順番を間違えて調理をし、正攻法で調理した完成品と比較して試食することで身をもって体験することができます。

エスプーマで今までにない新しいレシピに挑戦!
ふわふわと軽い見た目、触感で、味を損なわずにより美しい料理を作りませんか?

終了後のごみの後片付けもおまかせできます
面倒な片付けも代行してくれる滋賀のバーベキューサポート「やまむらや」です

美味しいカレーが食べられる神保町の店「MAJI CURRY」
牛肉のうま味や玉ねぎの甘味・スパイスの香りとスパイシーさがマッチした美味しいカレーが食べられます。

テイクアウト・通販にも対応した飲食店用アプリ
テイクアウト・通販による注文ができるサービスも付けられるので便利です。

大阪でアットホームな雰囲気のパン教室をお探しの方におすすめ!
落ち着いた静かな空間で楽しくパン作りをすることができるので緊張せずに済みます。

Page Top