前へ
次へ

加熱調理で食べるのが一般的な色鮮やかなビーツ

根の部位をメインに食べるのがビーツですが、根のところと同じくらい豊富な栄養が葉には含まれています。新鮮な美0つであれば、葉の部分をベビーリーフとして、サラダなどに加えるとおいしいです。生のままで根の部分を食べるというよりも、基本的には加熱調理をします。調理をするにあたりまずは下茹でをしますが、ゆでる際には皮はむかずに30分くらいゆでることです。鮮やかな赤い色が特徴のビーツなので、もしも皮を綺麗に剥きゆでてしまうと、特徴的な赤い色が抜けてしまいます。簡単に調理をするのであれば、オーブンを利用しての蒸し焼きです。アルミホイルでビーツを包み込んでからオーブンへ入れて、蒸し焼きにすること1時間ほどで色鮮やかなビーツが出来上がります。綺麗な赤色を活かして、ビーツのスープを作ると見た目にも楽しめる一品の出来あがりです。ゴロゴロと根菜を加えて、しょうゆとバルサルタン錠で和えるホットサラダにすることもできます。

Page Top